スキップしてメイン コンテンツに移動

オススメなLAメタルシリーズ その6

さて、今回のオススメなLAメタルシリーズ その6は

クリスチャン・メタル先駆者の「Stryper」です。
Stryper
なぜ、上を向いてるのかは解りませんがwww

スウィート兄弟が中心となって結成されたバンドで、キリストを賛美する歌詞や
聖書をステージから投げ込むといった、パフォーマンスで人気を博しました。

まぁ、それにvo兼gの マイケル・スウィートがイケメンだったのも人気の理由でしょう
甘いマスクに甘い声 そりゃ~ モテますよね

バンド名の由来はイザヤ書53章からきてるようなんです
"He was wounded for our transgressions, He was bruised for our iniquities: the chastisement of our peace was upon Him; and with his stripes we are healed.

stripesが由来みたいですね

曲調はご存じのように、ゴリゴリのメタルではなく
コーラスやハーモニー重視の曲ですね

私は大好きなんですけどね、これ系の曲!

ビジュアルが良いせいで、Bon Joviとかと同じカテゴリーに見られ
クリスチャンメタルじゃない!!とも言われましたが

3rdアルバムでプラチナディスクを獲得して、クリスチャン・メタルバンドとして初の成功を収める訳なんですね~

ただ、それ以降はPOPに走り過ぎたのと、またもやグランジブームの影響で
自然消滅の流れになっていってしまいます。

2000年に再始動しアルバムやDVDも発売し、2013年には「LOUD PARK」に

参戦もしてくれましたし、ジョージ・リンチともプロジェクトを組んで

曲を出したりと精力的に活動してくれてます。

単独公演も大成功でしたしねw

そんな、Stryperの曲ですが 今日はこちらを紹介して
お別れです See You!






コメント

このブログの人気の投稿

Moscow Music Peace Festival モスクワ ピースフェスティバル

オススメなLAメタルシリーズは、キリがいいので10回で終了です

今回からは、思い出したMetal話をしていきます。。。

さて、今日のお題ですが「Moscow Music Peace Festival」です。

1989年8月に旧ソビエト連邦(現ロシア)で、麻薬撲滅や世界平和のアピールの為

ロックフェスティバルが開催されました。
このコンサートの仕掛け人がプロデューサーのドグ・マギーなんですねぇ~
ドグといえば、当時世界的にイケイケだったBon Joviやmotley crue、skid rowなどの
マネージングをするなど、超有名でしたね
そんな彼がプロデュースするとなれば、出演者の顔ぶれも凄いもんですわ!
ボンジョヴィ、オジーオズボーン、モトリークルー、スコーピオンズ シンデレラ、スキッドロウ、ゴーリキーパークと、まぁ~凄いこと!!
しかも、バンドは無料でフェスに参加とか・・・  今じゃ考えれないですよね たぶん・・・
ただ、当然誰がメインアクト(大トリ)を務めるかで、色んな憶測や確執がありましたね
メタルの元祖 オジーが務めるんじゃないか? ソ連で人気のあったスコーピオンズか?
モトリーか?? そんなこんなで、結局は ボンジョヴィが務めることになるんですが
これに激怒したモトリーは、コンサート終了後、ドグに「事務所辞めてやる~!!」と
残して帰国するのでした。。。
また、実はこの裏でもう一人激怒してる人物がいるんです!!!
それは。。。 Yngwie様なんですwww 
このフェスは、「初めてソ連でロックコンサートを行ったバンド」 として
出演者を宣伝してたのですが、このフェスよりも前にイングヴェイ様が
同じレニングラードでコンサートを行っていたんです!!!
でも、当時のボンジョヴィの勢いは凄く、レコード会社も宣伝するのに
イングヴェイよりボンジョビを選んだので(まぁ、そりゃそうだろwww)
世に知られてる、ソ連での初めてのロックコンサートはボンジョヴィみたいに
なってます。実際はスコーピオンズもやってるのにねwww
そういえば、このコンサートでオジーバンドに、ザックワイルドがお披露目的な
感じで、加入後すぐの事でした! ザックも美少年だったなぁ~
懐かしい!!!!! ちなみに当時、私はwowowの生中継を友達に頼み込んで
観させてもらったなぁ~ 衛星放送は金持ち…

オススメなLAメタルシリーズ その9

今日のオススメシリーズは、問題がたくさんあるこのバンド!

そう「Guns N' Roses」です。
カッコイイですよね~ 尖がった感じが更にカッコよさを倍増させてます。

とはいえ、デビュー当時はかなりの破天荒ぶりで有名です。
とにかくvoのアクセルは、精神が不安定なのか気分の浮き沈みが激しいことで
有名ですよね。。 たとえば、来日公演の時に肉の焼き加減をレアで頼んだのに
レアよりも火が通ってて、シェフに皿をブン投げたかと思えば
しばらくして、泣いてシェフに謝罪するとか バンドメイトのイジーが
モトリーのヴィンスに絡まれた時も、出て行った割には
ヴィンスが「テレビの前で俺とケンカして決着をつけようぜ!」って言われると
「レコーディングが忙しいから無理!」って逃げちゃったりと
非常に変わってる人なんです。(子供か!って思いますが・・)
まぁそれでも、アクセルの持つカリスマ的魅力で長年ファンを
やってるんですけどねwww

他のメンバーのスラッシュやダフ、スティーブンも酒やドラッグで苦労しましたよね
今は、すっかり更生して、非常に健康的な感じになってますけどね。
よくアクセルは観客や警備員にキレて、マイクを叩き付けて退場~!ってニュースで
やってましたねぇ~  そう考えると、50歳を超えて大人になりましたなwww
最近は全く聞きませんもんね
ガンズの話をし始めたら、まだまだ書けることはたくさんありますが
それは別の機会に書くことにしますね。
そんなガンズの中で思い入れのある曲は「Paradise City」なんです。
昔は頻繁にMVが掛かる番組も少なかったし、なによりyoutubeが 無い!。。。
だからこのMVを観に、ボーリング場とかにあった「レーザージュークボックス」で
何回も繰り返し観たなぁ。。。
今日はこの曲でお別れです! See You!


人気ブログランキングへ

オススメなLAメタルシリーズ その7

オススメなっていうよりは、もはやLAメタルのバンドを書いてるだけになってきたけど

今回は「Warrant」です。

LAメタルの後期に出てきたバンドですね。

アメリカン・ロックって感じのバンドで、日本でもかなり人気があったと記憶してます。

デビュー後すぐに、「クイーンズライク」「ポイズン」「キングダム・カム」の

前座としてツアーを行った結果、ファーストアルバムがいきなり200万枚も

売れたバンドでした。

なぜなら。。。「Dirty Rotten Filthy Stiniking Rich」からの

シングルでバラードの「Heaven」が全米2位を記録するなどのスマッシュ・ヒットが

あったのも理由でしょう。

まぁ、実際 いい曲で 自分もよく聴いていました。

その後、セカンドの「Cherry Pie」も同じく200万枚売れ、全米7位を記録

凄いですよね! 
(それにしても邦題の『いけないチェリーパイ』って誰が考えたんだよ・・)

誰もが、このままスターダムかと思いきや、またもや例のアレですよ

そう、グランジブーム。。。 LAメタルの終わりがグランジの始まりなんですよ!

もうね、ホントに困ったちゃんですよ グランジくんは。。

その後、またもやメタル勢は失速していき、メンバーの脱退が相次ぎ

低迷していくバンドに多い、出たり入ったりを繰り返します

そんな中、vo.のジェイニー・レインが再加入しオリジナルメンバーで復活!
(これもお決まりのパターンなんですが・・・)
となりましたが、パフォーマンスが悪いという理由で解雇。。。

その代り、元「リンチ・モブ」のロバート・メイソンが加入して、現在に至るわけです。

2011年8月 ジェイニー・レインはホテルで亡くなってるのが発見され
オリジナルメンバーでの再結成は永遠に無くなってしまったわけです。
Jani Lane RIP

ジェイニー・レインって昔読んだ雑誌で IQが200もある天才児だったって記憶があります

非常に頭のいい人だったのに、末期は飲酒運転で何回も逮捕されたりと
散々な最期でした。。

これも、Cherry PieのMVで共演した ボビー・ブラウン(黒人歌手じゃないよw)と

結婚したことから起きてるんじゃないかと、勝手に思ってますw

元モデルのボビー・ブラウンは、直ぐに他の男に行くんだよね

最初ネルソン兄弟のどっちかと付き合って…